夢コーポレーションが考えるCSR

コーポレートガバナンス

コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

夢コーポレーションは「お客様第一主義」を基本理念に掲げ、パチンコ営業を通じた企業の成長と発展に取り組むとともに、人と地球に優しい企業、お客様と社会へ貢献でき、従業員一人ひとりの夢が実現できる企業集団を目指しています。これを実現していく上で、当社の事業活動を支えるすべてのステークホルダーにホール経営の内容を理解していただくことが不可欠です。当社は、2015年11月より香港市場をメインボートとする株式会社ダイナムジャパンホールディングスへのグループ入りに伴い、海外上場の子会社としてさらなる内部統制の強化を図るため、グループ企業と内部統制委員会や監査委員会にて問題点などを共有し、改善活動を継続していくコーポレートガバナンス体制を構築しています。そして、「外からの眼」ということで社内監査役1名、社外監査役1名を起用し取締役の監視機能を強化するとともに、「パチンコ・トラスティ・ボード」といった外部監査機関による評価を受けることでより独立した立場からの監査を確保し経営に対する監視機能の強化を図っています。

コーポレート・ガバナンスの体制

governance_ph01.jpg

ページトップへ