夢屋基金

トピックス一覧へ

夢屋基金公式facebookをチェック

基金の概要

夢屋基金について

夢屋基金は夢コーポレーショングループの社会貢献活動の一環として、2012年12月に設立された基金です。全国に展開する“パチンコ夢屋グループ(「夢屋」「GOD」)”に来店されるお客様のご協力による店頭募金や社員の有志による募金を積み立て、『公益財団法人公益推進協会』の「マイ基金制度」で運用されています。

設立発起人挨拶

代表取締役会長 松田泰秀

 夢コーポレーショングループでは、東日本大震災発生以降、それまでにも増して社会貢献活動に力を入れるようになりました。2011年5月から2012年3月にかけては、各地区の社員達が立案した震災復興支援の取り組みを、お客様のご協力をいただきながら毎月実施しました。特に、岩手、宮城、福島の三県には毎月のように人を派遣し、現地の方々と力を合わせて支援をさせていただきました。

 今回も、彼ら社員達の熱い気持ちに半ば押されるような形で計画が進み、末永く社会に貢献できる方法ということで「夢屋基金」の設立に至りました。この夢屋基金は、店舗にご来店くださるお客様のご協力を得て募金を積み立て、グループ各社と全社社員の寄付とを合わせて、全国各地で慈善活動などを行っている個人・団体へ助成することを主な活動としています。震災復興支援に限らず、未来を担う子供たちの健全育成や地球環境保全、発展途上国支援や「のめり込み」などのパチンコ業界に内包する課題に前向きに取り組んでいる方々の支援など、幅広く助成を行っていきたいと考えています。

 パチンコ業界は何かにつけて批判を浴びやすい業界ではありますが、ご来店くださる多くのお客さまも、当業界に働く従業員たちも、また、パチンコに縁のない方々も、一人の人として社会に参加しようとする気持ちは等しく尊いものであると思います。
そのような皆さまの貴重なお気持ちを、この「夢屋基金」を通じて、支援を必要としている人々に届けることができたなら、それは私にとってこの上ない喜びであります。

助成分野

  • 子供の健全育成に関する活動
  • 環境保全に関する活動
  • 災害援助に関する活動
  • 発展途上国支援に関する活動他

夢屋基金の仕組み

yumekikin_ph01.jpg

募金活動

募金額報告

ただいまの募金合計金額

42,855,840円(2015年3月31日現在)

皆さまのご協力、誠にありがとうございます。

ページトップへ