• HOME>
  • グッドサービスへの取り組み

グッドサービスへの取り組み

お客様のホール選びの基準は「スタッフのサービス」を重視

お客様第一主義へのこだわり

あなたの心にグッドサービス

夢コーポレーションでは、お客様のおもてなし満足度向上のため、2012年10月から店舗の接客レベル向上を目指す「グッドサービス」活動に取り組んでいます。お客様のホール選びの基準について、あるアンケート調査で最も多かった回答は「スタッフのサービスを重視する」というもの。当社ではそのことを鑑み、これまでの接客スタイルを見直すことを決定。現在、全国の夢屋では、お客様にもっと好感の持てる接客をしていこう、マニュアル的な接客から進化しよう、と目標を掲げ日々ご来店くださるお客様の満足度向上、信頼されるお店づくりに努めています。

社内評価

会社全体の接客レベルをある一定の高さまで向上させるためにはマニュアル的な教育が不可欠です。夢コーポレーションでは接客担当のスーパーバイザーが毎月店舗を臨店し、スタッフの接客を評価しています。評価項目は主に笑顔・挨拶・印象の3点。何事も基本から忠実に、気持ちの良い接客が提供できるよう日々取り組んでいます。

ナンバーワンサービススタッフコンテスト

全国の夢屋で働くホールスタッフを対象に2003年から「ナンバーワンサービススタッフコンテスト」を開催しています。このコンテストでは、おもてなしのキャンペーンとしてお客様に「接客の良いスタッフ」を投票していただき、夢屋全店の中からNo.1スタッフを決定します。全国8つのブロックから予選を勝ち抜いた精鋭スタッフが決勝会場となる店舗に集結。本戦3日間を競い合います。スタッフの接客技術の向上とモチベーションアップにも繋がっています。


2012年12月兵庫県加古川市で開催されたコンテスト

グッドサービス研修

笑顔・挨拶力向上を目的としたロールプレイング中心の研修が「グッドサービス研修」です。研修は社内研修と外部講師よる研修の2つがあります。社内研修は各店舗で開催され、店舗全体の接客レベルを高めていきます。外部講師による研修ではマネジャークラスが受講し、部下のモチベーションを高める「褒める、伸ばす」接客指導方法を学びます。


社内研修と外部講師による研修風景

マニュアルにはない心の籠った「おもてなし」

どうすればお客様に好感を持ってもらう接客ができるか、当社ではグッドサービス開始時にその答えを全国の夢屋スタッフに問いかけました。笑顔や挨拶、お辞儀の綺麗なやり方ではありません。お客様をおもてなしする気持ちの表れをどのように行動するかを考え、社員一人ひとりがリアルタイムで実践していくこと。これはマニュアルや研修で教えることのできないことです。私たち夢屋のスタッフはお客様とふれあう一瞬を大切に心からのおもてなしができる接客に日々励んでいます。

私たち夢屋スタッフはおもてなしの心を持って、お客様をお迎えいたします

»「お客様の声」の事例はこちらから

ページトップへ