経営方針

トップメッセージ

「顧客創造日本一」に向けた成長戦略

当社は創業40周年を迎えるにあたり、2013年3月期から2017年3月期までを対象とした5ヵ年の中期経営計画を策定いたしました。その基本理念は「安心」と「楽しさ」を追求し、「顧客創造日本一」の企業を目指すということです。
特に当社が徹底して追求していきたいのが「安心」。お客様がいつ来ても同じ環境で遊べること、それはパチンコ営業においても、接客サービスにおいても常に顧客満足度の高い店舗づくりに力を入れていきたいと考えています。

写真:代表取締役 加藤 英則

当社の店舗が目指すのは「地域の公民館」。「グッドサービス」をスローガンに掲げたコミュニティ型の接客サービスを展開し、お客様とスタッフはもちろん、お客様同士のコミュケーションも深められるような、誰もが気軽に集まって楽しめる店舗を目標に日々の営業に取り組んでいます。
また、コミュニティを重視した店舗にはスタッフの育成も欠かせません。当社では「会社の夢」「個人の夢」「家庭の夢」を「3Kの夢」として3つが調和した社内体制づくりを進めています。当社では、これらの中期経営計画を実現するために2つのステージを用意しました。前3年は成長のための土台づくりとなる「ファーストステージ」(収益基盤の強化、財務体質の安定化、CSR推進)とその成長戦略の実行・実現に向けた「セカンドステージ」(独自の収益フォーマットによる地域ブランド確立、資産の健全性)。この段階的な取り組みによって将来にわたる持続的な成長を目指します。これらを達成するためのキーワードを「集客」として、「顧客創造日本一」の企業という経営理念を軸に、今後さらに多様化する顧客ニーズに対応できる営業体制の構築及び新たなニーズを掘り起こす新規事業への挑戦を実現します。

「顧客創造日本一」を実現したいと考えています。

ページトップへ