ニュースリリース

  • 2014/04/14

一般社団法人パチンコ・トラスティ・ボードによる評価調査結果のお知らせ

パチンコホール経営企業を中立・公正な第三者の立場で評価する一般社団法人パチンコ・トラスティ・ボード(PTB)による評価調査(評価者:公認会計士・弁護士等)が平成26年1月15日(水)~2月6日(木)にかけて実施され、その評価結果は以下のとおりとなりました。
評価調査は「コンプライアンス(企業倫理、法令遵守の徹底)」並びに「コーポレートガバナンス(経営の公正さと透明性の確保)」に関する事項を中心に、ガバナンス、基本的姿勢など、下表のとおり10 分類、96 項目について5段階の評価基準に従い行われ、分類ごとに「AAA」から「-(評価不能)」までの8 段階で格付がなされます。
 

夢コーポレーション株式会社評価結果
分類 分類の概要 今回 前回
ガバナンス 経営の意思決定機関および当該機関に対するチェック機能などの仕組み A BB
基本的姿勢 社会的責任を果たす上での企業(経営者)の基本的な姿勢 BB A
フレーム 適切なコンプライアンス経営を行う上での基礎となる態勢 BB B
財務プロセス 個別法令やリスクに関する手続(財務に関連する諸手続) B B
反社会 個別法令やリスクに関する手続(反社会勢カに対する基本的な姿勢および対応) A A
社会的要請 個別法令やリスクに関する手続(社会からの要請への対応) A BB
その他法令 個別法令リスクに関する手続(その他の法令・規制への対応) BB B
風適法 個別法令やリスクに関する手続(風適法および業界関連諸規制への対応) A BB
労働法 個別法令やリスクに関する手続(労働関連法令への対応) A A
内部監査 経営活動の遂行状況を公正かつ客観的な立場から監査する仕組み BB B
 
格付け符号と定義
AAA AAに加えて、周囲の環境変化をダイナミックに反映し、常に改善を図った結果、他社の模範となるべきレベルに達している。
AA 経営層の指示と承認のもとに方針やルールを定め、全社的に周知・実施しており、かつ責任者による状況の定期的確認を行っている。
A 経営層の承認のもとに方針やルールを定め、全社的に周知を行っている。
BB 経営層に経営管理に対する意識があり、方針やルールの整備、周知を図りつつある。
B 経営層に経営管理に対する意識があり、形式的な要件を充足しようとしている。
C 経営管理を行いたいという経営者の意識がみえる。
D 経営管理について、経営層における意識もなく、ほとんど取り組みを行っていない。
- 評価不能
評価不適格/評価できない。
 
一般社団法人パチンコ・トラスティ・ボードについて
  1. パチンコ・トラスティ・ボードの目的
パチンコホール経営企業の社会的地位向上を目指す、業界外の有識者・専門家による第三者で構成する組織です。社会に信頼と安心を提供できるパチンコホールの経営を仕組みとして確立することを目的とします。かつ、社員が株式会社である場合には、その株式公開の実現を支援いたします。

  2. 具体的な施策
○中立、公正な第三者による厳しい評価調査
■企業倫理、経営学、会計学の専門家、弁護士、公認会計士、大学教授、リスク管理の専門家等のパチ
 ンコホール業界外の中立、公正な第三者によりパチンコホールの経営、営業全般に対する厳しい評価
 調査を実施します。
■「評価調査結果」に基づき、対象パチンコホール企業を評価(格付)します。
 
○評価調査する項目
■「コンプライアンス」
基本的姿勢、態勢構築(フレーム、財務プロセス、反社会、社会的要請、法令遵守体制、内部監査)
■「コーポレートガバナンス」
経営の公正さと透明性の確保
 
○パチンコホール企業の指導、勧告
■評価調査結果に基づき、必要に応じてパチンコホール企業のコンプライアンス及びコーポレートガバ
 ナンスのレベルを上げるための指導、勧告等を実施します。
 
○社会各層の有識者の方々からの提言
■パチンコホール業界の「あるべき姿」につき社会各層の有識者が自由に議論し、とりまとめた意見を広
 く社会に発信します。
 
※一般社団法人パチンコ・トラスティ・ボードHP(http://www.ptb.or.jp/)より

ページトップへ