ニュースリリース

  • 2013/01/29

富岡幼稚園(福島県)お菓子のプレゼント

夢屋黒磯店は1月29日、お客様からお預かりした景品のお菓子を富岡幼稚園(福島県双葉町)にお届けしました。

富岡幼稚園との関係は、2年前に取り組んだ夢プロジェクトという被災地支援活動が始まりです。その活動は夢屋の東北の各店舗が被災した保育園、幼稚園にお菓子をプレゼントするというもので、当時、黒磯店の近隣にある夢屋白河店から富岡幼稚園へお菓子のプレゼントを行いました。

富岡幼稚園は、福島第一原子力発電所から半径10㎞以内の避難指示区域に指定された双葉町というところにあり、現在は住民の一部の方々と共に140㎞離れた福島県会津市に避難し、幼稚園の活動を行っています。
黒磯店では、それ以来毎年、幼稚園の先生と園児達より年賀状や暑中見舞いをいただいており、今回も返事の手紙と我々の写真を添え、お客様から寄付していただいた菓子をプレゼントしました。

  

2年以上も見知らぬ土地での避難生活を強いられていることは、同じ子を持つ親として心境心苦しく察しますが、子供達から送られて来る手紙や写真からは、いつも明るく元気でお菓子大好きな姿を想像できます。地域貢献とは少し違った取り組みですが、人と人との繋がりを強く重んじる黒磯店らしい取り組みなので、今後も関係を続けていきたいと思っています。(今回のプレゼント活動でリーダーを務めた黒磯店アシスタントマネジャー(2児のパパ)談)

ページトップへ