安心への取り組み

防犯体制の安心

夢コーポレーションでは、パチンコホールの運営に最高水準のセキュリティシステムを導入しています。

防犯カメラ

夢コーポレーションの防犯カメラシステムは有事の際、確実な証拠として現場の映像を記録することのできる高性能なシステムです。当社が採用している超高解像度CCDカメラは、たとえ深夜閉店後の真っ暗な中での侵入でも赤外線効果で犯行を捕え、確実に映像を残すことができます。従来の防犯カメラは遠方の映像はぼんやりとぼやけた不明瞭な画像でしか撮影することができなかったものを、超高精度CCDカメラを採用したことにより、遠方で発生しているゴト行為、置き引きなどの犯行の瞬間を鮮明確実に撮影することができるようになりました。それにより、警察への捜査協力でも大変役に立っており、日本全国の夢屋では不正、犯罪の起こりにくい環境が整っています。そしてお客様の更なる安全安心を確保するため、夢コーポレーションでは店舗の防犯カメラシステムのバージョンアップを随時図っています。

  • オートフォーカス機能(パチンコ台を開けた時や遊技機異常払い出し時に追尾撮影)
  • 同時多発ゴトへのマルチ撮影など

reassurance_ph02.jpg

ホールスタッフによる安全の確保

<不正、犯罪>

reassurance_ph03.jpg

夢コーポレーションでは営業中の不正や犯罪に対して、設備による安全の確保に加えてホールスタッフによる安全の確保にも徹底して取り組んでいます。夢コーポレーションのホールスタッフはお客様に安心してご遊技頂くために、入社時の研修では不正行為が起こりにくいホールの巡回方法や緊急時の情報伝達が重要となるインカムの使用方法などを習得します。また日々の営業では本社の不正対策部門から最新のゴト情報が発信され、ホールスタッフはその犯行がどのように行われるかの手口や犯行動作を学んでいます。当社ではこのような取り組みを徹底してやり始めたのはおよそ10年前。今ではその成果が根付き不正・ゴトの起こりにくいホール環境を維持しています。

<自然災害、人命救助>

また、ホールスタッフの安全の確保は不正や犯罪だけのものではありません。地震や風災、河川の氾濫などの大規模災害時にお客様が安全に避難できるよう避難誘導の訓練を年1回実施。また、夢屋全店にAEDを設置し、いざという時に対応できるようAEDを使用した訓練を年1回実施しています。

reassurance_ph04.jpg

<駐車場での事故や犯罪>

reassurance_ph05.jpg

近年、駐車場で起こる事故や犯罪が増えており、当社ではその対応に積極的に取り組んでいます。なかでも、夏場の炎天下で自動車内への幼児を置き去りにする死亡事故が深刻な問題となっています。当社はそういった事故が起こらないよう駐車場に警備員の配置を行い、警備員がいない店舗では従業員による巡回を定期的に実施し、未然防止に全力で取り組んでいます。

<会員情報管理の徹底>

当社が管理する顧客会員データシステムは信頼のある大手情報機器メーカーのシステムを導入しおり、その情報管理は徹底して守られています。会員情報は店舗でも特定の社員しか閲覧することができず、パスワードやログ、アクセス管理も厳重に行われています。また侵入などによる不正なデータ搾取は随時警報が作動し自動で本社に警告が入る仕組みになっています。夢コーポレーションではパチンコをお客様が安心して楽しめるために情報管理には注意を払って取り扱いを行っています。

ページトップへ